ibb fukuoka project = 輝きつづけるまち・福岡創造プロジェクト。  このプロジェクトでの出来事を中心に、仕事・オフタイム・時事・ボランティアでかかわっている 「アジア太平洋こども会議・イン福岡」(APCC)のことなど織り交ぜ、気楽にアップします。

  

Posted by at

2011年01月01日

2011年 「三度目の奇跡」



新年明けましておめでとうございます。

寒波の中の年明けになりましたね。

皆さんのブログによると、初日の出、拝めたところもあったようですね。

私は、日の出から少しあとの輝きを拝ませてもらいました。





2011年の幕が開きました。



毎年、その年を展望する言葉を表してる、日経新聞元旦の「見出し」。


今年の見出しは、


「先例なき時代に立つ」 ー三度目の奇跡ー


日本は幕末の国難を乗り切り、第2次大戦の敗戦から復興した。維新時は西洋列強、戦後は米国などの背中を追いかけ、世界でもまれな急成長という奇跡を2度も実現した。

バブル崩壊後の「失われた20年」を経たいま衰退の先頭を走る日本には、過去2度の奇跡と違ってモデルも目標もない。

後世代にツケを回し、今に安住するのでは「三度目」はやってこない、、、。 







「紅白」や「ゆく年くる年」など、年明けにかけてのテレビ番組を見ててなんとなく感じたことは、


将来への危機感や新年に対する期待感を胸に、「さあ頑張ろう!」 と言うより、


暗いことは考えず、ただ目をそらそうとしているような、


そんな「あきらめムード」が漂っているように感じました。




日経新聞元旦の朝刊には、さらに「社説」でこう書いてありました、、


「国を開き 道を拓く」


本格的な高齢化を2~3年後に控えて、これからの1~2年は日本再生への最後の機会。

過信もあきらめも捨てて、自らを鍛える志こそが大事。

外国に学ぶ。貿易自由化で外の成長力を取り込む。伸びない産業よりも成長産業を後押しする。世界で通用する人材を育む。

総じていえば、経済開国と国内の改革。

国を開き道を拓いた明治人の気概に学びたい。









今年の干支は「卯(うさぎ)」。


今年は年男です。


私も日本で生きる日本人として、


自分自身努力を怠ることなく、


「三度目の奇跡」に向かって、自分なりに頑張っていきたいと思います。




さあ皆さん、今年も一年、ともに頑張ってまいりましょう!


今年もどうぞよろしくお願いいたします。






  

Posted by 廣田 稔 at 11:06Comments(0)身の周りの出来事

2010年12月16日

福岡JCは続く、、、




私が以前に所属していた、(社)福岡青年会議所(福岡JC)。


JCの大きな特徴は、単年度制と40歳で定年を迎え卒業することです。


12月末が一期の終了日になります。


昨日、40歳を迎えたメンバーの卒業式にあたる、「卒業生を送る夕べ」が開催され、


私もシニアメンバーとして出席しました。






今年は27名のメンバーが卒業。



笑いあり涙あり、、、毎年続くJCならではの光景でした。







また、先日


来年1月から一年間福岡JCの理事長を務める、


長沼慶也次年度理事長(ラフィナート都市開発(株)社長)が、就任のあいさつに来てくれました。






長沼君が経営するラフィナート都市開発(株)は、

不動産プロデュースのほかオフィスのリノベーションなども行っていますが、


2年前、弊社のビル「ibb fukuoka」の、エントランスやミーティングルームのリニューアル工事


担当してもらいました。








来年の福岡JCのスローガンは、「突破」だそうです。 


今の時代にぴったりのいい言葉ですね。


長沼君、来年一年間頑張ってください。





福岡JC、、、、こうして毎年新たな歴史を刻んでいきます。



  
タグ :福岡JC


Posted by 廣田 稔 at 17:52Comments(0)身の周りの出来事

2010年12月07日

NBC二月会 100回記念大会






昨日、

(社)九州ニュービジネス協議会が主催するベンチャー企業と大企業とのマッチングのための、

ベンチャー企業によるプレゼンテーションの場「二月会(にげつかい)」の、


100回記念大会が開催され、私も出席してきました。


1998年10月から12年間、、毎月ないしは隔月の原則第二月曜日に、


ベンチャー企業経営者や支援者を集めてのプレゼンテーションの会を開催し、


数多くのマッチングを手掛けてこられました。


100回続けるのは並大抵のことではありません。


あらためて「二月会」に敬意を表します。






当日は、これまで二月会を支えてきた方々への表彰式も行われました。



この「二月会」にはこれまで約400社の企業がプレゼンテーションを行いましたが、


そのうち、弊社運営の「ibb 」入居企業がのべ21社プレゼンをしています。


率にして約5パーセント、、。



今後も入居企業や関係企業の中からもっともっと、


この二月会でプレゼンするような企業を数多く輩出できるよう、


頑張っていきたいと思います。




  
タグ :NBC二月会


Posted by 廣田 稔 at 17:47Comments(0)身の周りの出来事

2010年10月31日

オフィス前のランナー達 ーシティマラソン福岡2010ー





今朝、オフィスの前をランナー達がうじゃうじゃ、、、


そう、今日は「シティマラソン福岡2010」が行われています。





今年も数千名のランナーがエントリーしてるそうです。



ちょうどオフィスの前に、タイムオーバーで打ち切り地点があり、、



あえなく、ここで強制終了のランナーも数多くいました。 お疲れ様デス、、。



私も、この大会に出場するくらい思い切り走りたいなあ、、と思いますが、、


持病の膝痛が、、、、



 


みなさん、ゴールを目指して頑張ってますね。



やっぱり、「ゴール」という目標があると、人間頑張れるものです。


何事にも、目標を定めることは大切ですね。


ランナーの皆さん、ガンバレ!!







  


Posted by 廣田 稔 at 10:13Comments(0)身の周りの出来事

2010年07月27日

巻物






この巻物、、江戸時代の書ではありません。



ある業種の飛び込み営業マンが、


一度会ったお礼にと、二度目に持ってきた手紙です。



長さにして約5m、写真に入りきりません。




私も証券マン時代、飛び込み営業をやっていたので、


その苦労はよくわかります。



この営業マンと付き合うかどうかは別にして、



その「努力する姿勢」は買いますね。



〇〇君、暑さに負けずガンバレ!






  
タグ :巻物


Posted by 廣田 稔 at 09:47Comments(0)身の周りの出来事

2010年07月12日

iPad がやってきた!






予約していた「iPad」。


ようやく入手できました。 ちょっとウレシイ!






タッチスクリーンの反応、かなりイイですね!


さあ、いろいろいじって遊んでみます!!


新たな世界が広がるカナ!?


  
タグ :iPad


Posted by 廣田 稔 at 19:04Comments(4)身の周りの出来事

2010年01月01日

2010年の幕開け




新年明けましておめでとうございます。


気温が低く、寒い朝。


皆さんのところでは、初日の出はいかがでしたか?



今朝、オフィスビルの屋上から撮った写真です。


残念ながら、ご来光は拝めませんでした。






00年代が終わり、10年代がスタートしました。




日経新聞、元旦の「見出し」。


毎年、その年を展望する言葉がでてきます。


今年の見出しは、

「成長へ 眠る力引き出す」

日本はこのままなら衰退の瀬戸際に立つ。これからの10年。必要なのは、ニッポンの実力を世界で生かす知恵と工夫。使ってなかった筋肉を使うときがきた。


こう書かれていますが、正にその通りです。




これまでの蓄えを徐々に食いつぶしながらアジアの一小国となるのか、


成長エンジンを見いだし、飛躍するアジアの中で世界をリードしていく国として地位を確立できるか、


これからの10年が勝負。 2020年には、その答えが出てることでしょう。


まさに瀬戸際、もう待ったなしです。


そんな日本で生きてる日本人として、


自分自身努力を怠ることなく、


微力ではあっても、世の中に貢献する姿勢を持った生き方をしていきたい。



その思いを強くした、元旦の朝でした。



さあ皆さん、今年も一年、ともに頑張ってまいりましょう!










  

Posted by 廣田 稔 at 10:03Comments(0)身の周りの出来事

2009年12月22日

モノをつくる仕事




ソングライターは歌をつくる。

つくった歌は永遠になくならない。



作家は、本をつくる。

つくった本はずっと残る。



弊社は不動産業だが、

自社の所有地に自分たちで考えた建物をつくっている。

モノづくりの仕事だ。

つくった建物は、壊さないかぎりずっと残る。




一度つくったらずっと残る、、、

そんな、「モノをつくる仕事」に携わることができ、幸せに感じる今日この頃です。



そして、できることであれば、


誰にもまねできない、オリジナルなモノをつくっていきたいと思っています。



  

Posted by 廣田 稔 at 15:37Comments(0)身の周りの出来事

2009年12月18日

毎年の光景 ー福岡JCー




私が以前に所属していた、(社)福岡青年会議所(福岡JC)。


単年度制と40歳定年制が大きな特徴のJCは、12月末が一期の終了日です。



12月には、その年に40歳を迎えたメンバーの卒業式にあたる、


「卒業生を送る夕べ」が開催されます。


今年も16日に行われ、私もシニアメンバーとして出席しました。





本年も37名が卒業。


卒業生が登壇し、現役最後の挨拶として、JCへの思いのたけを語る、、。


毎年変わらぬ光景がそこにはあります。



私も数年前に卒業し、JCの記憶が徐々に薄れてきてますが、


この会場に足を踏み入れると、やっぱり当時の記憶がよみがえり、


たち振る舞いや言葉遣いが現役時代に戻っている自分がいます^^!。





本年度の理事長、大村 光君も卒業を迎えました。

大村理事長、一年間お疲れ様でした。




そして、


来年2010年度の福岡JCの理事長は、


大山哲寿君(株式会社三和興業 常務取締役)です。


先日、理事長就任の挨拶に来てくれました。




写真右から二番目が、大山次年度理事長です。


大山君、来年一年間体に気をつけて、大活躍してください。

  

Posted by 廣田 稔 at 19:47Comments(0)身の周りの出来事

2009年12月01日

就任から10年、、


今日は2009年12月1日。


私が廣田商事株式会社の代表取締役に就任して、まる10年がたった。


この10年間、自分なりに自分のやり方で社業を営んできた。


この10年間で、社長としてどれだけ会社に貢献できただろう。


ひと・モノ・カネ・信用・ブランド、、、、どれだけ伸ばすことができただろう、、。


自己採点すると、、、及第点ぎりぎりの60点といったところかな、、。


まだまだ未熟、まだまだです。



これからも、


弊社の行動基準、 「誠実・地道に、ワクワク・こつこつ」


と、やっていくのはもちろんですが、


「目標設定」するうえで、


その達成水準を、質的に表現する「定性目標」だけでなく、


量的に表現する「定量目標」も掲げながら、


社業に邁進したいと考えています。





  

Posted by 廣田 稔 at 18:23Comments(0)身の周りの出来事

2009年10月28日

父の命日

10月28日。



きょうは、前社長で父の命日だ。



亡くなってまる10年。



あっという間の10年だったが、いろんなこともあった10年だった。



今でも、



どれだけ親孝行できたのだろうと、ときどき考えることがある。



でも、いくら考えても答えは見つからない。



ただ、自分にできることは、



一日一日を無駄にすることなく、懸命に生きること。



ただそれだけです。










  

Posted by 廣田 稔 at 08:57Comments(0)身の周りの出来事

2009年09月28日

圧倒された日

今日、日本を代表する名家を訪問させていただいた。



歴史の重みがひしひしと伝わるその佇まいと、誇りの高さに圧倒された。



この名家にほんの僅かでも近づくことすら至難のわざだが、



生き方のお手本とさせていただき、



自分の置かれた立場の中で、人生を精一杯生きたいと、



あらためて決意をした日となった。


  

Posted by 廣田 稔 at 23:55Comments(0)身の周りの出来事

2009年09月16日

気づいた時が出発点

長崎市内で不動産業を営んでおられる、


サンビル興産社長の一ノ瀬恵介様より、


一ノ瀬様の父であり、現会長の一ノ瀬 勇様の言葉を集めた日めくりカレンダー、


「気づいた時が出発点」


をいただきました。






一ノ瀬社長は、長崎において


長崎初の民間インキュベーション施設


「インキュベーションルーム万屋」を運営されています。



先日の「ib be united party 2009」にもご出席いただきました。



日めくりカレンダーの中に出てくる言葉一つ一つが心に響きます。



その中でも、22日のこの言葉が個人的には一番好きです。





近頃言葉が過ぎる自分を反省している私ですが、


薄っぺらな言葉ではなく、


会長のような、真の経験からくる、深い重みのある言葉が語れるような人になりたいものです。



  

Posted by 廣田 稔 at 13:14Comments(2)身の周りの出来事

2009年06月14日

サインをゲット!

このところ、ソフトバンクホークス好調ですね、交流戦一位快走中!


昨日の巨人戦も勝ちましたね。

その試合でホームランを放った松田選手、ケガから復帰し頑張ってます。


ある知人の方(Yさん)と話をしてた時、たまたま

「私の息子がホークスの松田選手のファンでね、宮崎キャンプも見に行ったんですよー!」。

なーんて、話をしていたら、


先日、そのYさんからお届けモノが、、、



わかりますか?

そう、

ホークス・松田選手のサインです!

Yさん、松田選手と関係のある方で、

私の話を聞いて、松田選手のサイン入りの大きなノートを持ってきてくれました。

さっそく、それを息子に渡すと大喜び!!


Yさん、どうもありがとうございました!

オヤジの「顔」がたちました(笑)。


サインをゲットできたのと同時に、息子の心もゲットできたかも(?)。


  

Posted by 廣田 稔 at 14:40Comments(0)身の周りの出来事

2008年12月22日

福岡JC 年度の変わり目




私が以前に所属していた、(社)福岡青年会議所(福岡JC)。


この団体の大きな特徴は、組織が一年度ごとに総入替になる単年度制40歳定年制です。

一年は1月から12月までの一年間。

なので12月は最終月になり、その年に40歳を迎えたメンバーは卒業になります。

先日、その卒業式にあたる「卒業生を送る夕べ」に出席しました。



今年も47名のメンバーが卒業を迎えました。

卒業生の皆さん、これで社会復帰ですね(笑)。 

青年会議所活動で培った経験を、これからの人生に生かしてください。




組織は一年ですべて代わるので、理事長も交代です。

2009年度の理事長は、

三陽不動産(株)常務取締役の大村 光(おおむら こう)君です。



先日、新任に向けての挨拶に来てくれました。

彼は、私が5年前に理事長をしたときに補佐役を務めてくれました。

そして、「ibb wish 長丘」の入居仲介でもお世話になっています。


長いようで短い一年間、福岡JC理事長として大活躍を期待しています。


  

Posted by 廣田 稔 at 22:22Comments(0)身の周りの出来事

2008年09月07日

福岡JC55周年



昨日9月6日、(社)福岡青年会議所(福岡JC)の創立55周年記念式典・懇親会に出席しました。

福岡JCの現役メンバー、シニアメンバー、関係者などが集まり、55周年を祝いました。



思い起こせば、

今から5年前の2003年、福岡JC50周年の年に私が理事長を務め50周年式典を開催しました。

1000名近く集まった中で理事長挨拶をやりましたが、それがいままで最高に緊張した瞬間だったかな。

式典当日の数日前にリハーサルをやったときにまったく話せず、

焦って前の晩にひとりで徹夜で何十回も練習したのを覚えています。

今となっては自分の中の素敵な思い出でのひとつです。





懇親会では、久しぶりに再会したメンバー同士で話が盛り上がっていたようです。



そして、この日の司会をつとめてくれたのは、この人!


「よかよか」でおなじみの、天野貴子さんです!

天野さん、「清く正しく美しい」司会ありがとうございました。



  
タグ :福岡JC


Posted by 廣田 稔 at 13:25Comments(3)身の周りの出来事

2008年06月21日

わが家にもカラー(?)テレビが・・・・

子どもの友達が、わが家に遊びにきて、、、、

「ヒロタんちのテレビ、黄色くない?」、

うちの子、、

「ん? それ、お前の眼の錯覚たい!」

、、いやいや、錯覚ではアリマセン、たしかに黄色~い、デス。


結婚と同時に購入し、かれこれ17年、、、ずいぶんもったものです(?)。 

わが家にいた電化製品では最古参となっていました。

で、新たに買い替えることに、、、。





何にしようかと迷いましたが、、「小雪」さんに誘われて(^^!、 パナソニックの「ビエラ」に決定!




 
古いテレビを電気屋さんに引き取られる前に、デジカメでパシャリ!
カラーテレビがイエローテレビと化してました(笑)。
このテレビ、その昔一世を風靡したあの「画王じゃ~!」 の 「画王」です! 知ってますか? 
知ってるあなたは、それなりの御歳デス(笑)。





新しいテレビ、前のテレビで撮った同じ番組を、同じデジカメで撮ってみました。
「あのアジサイ、青色だったんだぁ~!」と、うしろで子どもが叫んでます!!

これで北京オリンピック、 メダルの色の区別ができそうです(笑)。
  

Posted by 廣田 稔 at 01:23Comments(0)身の周りの出来事

2008年06月05日

亡き父との会話




ドキッとするタイトルですが、、、

今、1999年に亡くなった廣田商事前社長である私の父が生前に書き綴った日記を読みふけっています。


本来日記は、本人自身のものなので、たとえ息子とはいえ、読んだりするものではないと思いますが、

父は生前、「自分が死んだら、これを読んだらええんじゃ!」と、常々母に言っていたそうです。

日記の存在は知っていましたが、読むと父のことを思い出して悲しい気持ちになりそうで、

亡くなったすぐはなかなか読む気分になれませんでした。


がしかし、

このたび、会社の創業80周年設立45周年を迎えるにあたり、これまでの会社の歴史を綴った社史を作ることになり、

それにあたって、この日記に何か参考になることが書いてあるかもしれないと思い、読み始めた。



1981年から、亡くなる99年まで約20年間(本人51歳から69歳まで)、一日も欠かさず大学ノートに毎日1ページから多いときは4ページくらい書かれています。

1年でノート3冊のペースなので、50数冊になります。  ノートをならべると、まるで長編歴史小説のよう。

まあ、これだけよく書いたものだと、いまさらながらに感心してしまいます。

(私は、このブログに書く短い文章ですら四苦八苦してるのに:笑)。



日記の内容は、

仕事のことのほか、政治・経済から文化・スポーツ・当時のニュースなどに対する自分の考えを綴っていて、新聞の社説のようです。

残念ながら(?)、私たち家族のことはほとんど書かれていません、、、あっても一行とか(笑)。


でも、

この日記を読むと、父がどんな気持ちでどんな考えのもとで仕事をし、毎日を生きていたのかよくわかります。

読んでいると、すぐそこに父がいるようで、まるで一緒に話をしてるように感じます。






今読んでるところは、今からちょうど20年前の1988年ですが、

日記によると、その当時は、、、、

・原油1バレル10ドル割れ(現在は10倍の100ドル以上)

・日経平均株価3万円乗せ(現在は約14000円)

・世界の企業の株式時価総額、日本企業が上位を独占(現在は見る影なく・・・)

・経済成長率5.45%(現在は2%あるかないか・・・)

・米国で個人破産急増(これはまさに現在の日本の姿・・・)


バブル崩壊前の、日本が伸び盛りの頃の姿です。 

それから20年、、日本が世界の中で今のように低迷すると、当時誰が想像できたでしょう、、、。

そう考えると、いまから20年後も、私たちが考えもつかない世の中になってるかもしれませんね。



「歴史は繰り返す」とよく言われます。

未来に迷った時など、この日記を読み返すといろんなヒントをもらえそうです。


この日記、私にとってかけがえのないバイブルになりそうです。
  

Posted by 廣田 稔 at 08:30Comments(1)身の周りの出来事

2008年03月06日

プレセミナーで講演




以前のブログで案内しましたが、

 「次世代後継者育成塾 NEXT」 の

プレセミナーが昨日5日に開催され、その中でミニ講演をしました。





人前で話するのは難しいですね。 

約40分の講演でしたが、話したこと、どれくらい伝わったかなあ、、。






この育成塾、6月より約10ヶ月にわたり行われますが、

麻生教育サービス(株)さんと(株)ビズ・ナビ&カンパニーさんが、プログラムを共同開発したそうです。

中味の濃いプログラムのようです。 

ご興味のある方は、麻生教育サービス(株)さんへお問い合わせくださいね。  

Posted by 廣田 稔 at 16:39Comments(0)身の周りの出来事

2008年02月24日

地球儀に載るまち


先日、知人より卓上用の地球儀をいただきました。



この地球儀、スグレモノで360度横に回るだけでなく上下にも回ります! 

なので全方向に動かせて見たい国も目の前に現れます。





で、JAPANを見てみると、ない、、、、そう、FUKUOKAの地名が載っていません、、。

日本で載ってるのは、TOKYOとOSAKAだけ、、、。(なぜかHonshuとHokkaidoはのってましたが・・)

この地球儀日本製ではなく、地図の製作はドイツで、組み立ては中国のようですが、、、。

FUKUOKAの地名が載ってる世界地図や地球儀、まだあまり多くないです。



世界地図や地球儀を作る時に、日本の地名では「FUKUOKA」は外せない、、、、

そう世界の人たちから思ってもらえるようなまちに「FUKUOKA」になってもらいたいと、

いつも思っています。  

Posted by 廣田 稔 at 11:57Comments(0)身の周りの出来事