ibb fukuoka project = 輝きつづけるまち・福岡創造プロジェクト。  このプロジェクトでの出来事を中心に、仕事・オフタイム・時事・ボランティアでかかわっている 「アジア太平洋こども会議・イン福岡」(APCC)のことなど織り交ぜ、気楽にアップします。

  

Posted by at

2007年08月31日

交流会・拡大版 開催!  ~ibb will 姪浜~



以前のブログで予告してました、「ibb will 姪浜 交流会・拡大版 ~話しばしょっ会な~ 2007・夏」を、

昨日、30日(木)に開催しました!

30名を超える皆さんと、一緒に気軽に飲んで話して、楽しい夜となりました。

集まっていただいた皆さん、ありがとうございました。


その時の詳細は、弊社HPコチラでご覧ください!
  

Posted by 廣田 稔 at 19:02Comments(0)ibb will 姪浜

2007年08月18日

愛用のステレオ




ステレオ、、、この言葉を懐かしく感じるあなたは、私と同年代や年上の方でしょう。

音楽をレコード盤で聴いていた最後の世代の私です。

今回は、今でも使ってる愛用の「ステレオ」を紹介しますね。




携帯電話もパソコンもなく、もちろんインターネットもなかった1970年代後半から80年代初頭、当時の学生達の気を引いてた一つが「ステレオ」でした。

たぶんにもれず、私の趣味もステレオで音楽を聴くことでした。



高校生の時だったかな。 最初のステレオは、親に駄々こねて買ってもらったなぁ・・感謝・感謝!

システムコンポーネント型ステレオで、いわゆる一応「コンポ」でしたが、バーゲン品のシロモノ^^!で、スピーカーは箱が鳴ってる感じでしタ!



その後、アンプやチューナーなど、パーツパーツを自分で買い揃えていきました。






このレコードプレーヤーはその当時のものです。 ブランド名は「Aurex」、東芝のオーディオブランドです。

今はレコード針がだめになってて聴けません。

針を換えて、またこのプレーヤーで、所蔵するレコードを聴きたいと思ってます。







これはそう、あの 「TRIO」 のチューナーです!

チューナーの名門で、今は「ケンウッド」になっていますね。






当時、アンプと言えば 「sansui」 と言われてた、名機の誉れ高い「sansui」のアンプです。

当時かなり高価なモノで、貯金はたいて買うのに勇気がいったなぁ。

でも、現在でもバリバリの現役で、じゅうぶん元は取りました。







「Aurex」のカセットデッキ。

当時は、「レンタルレコード」が主流で、いつもレコードを借りてきては、カセットテープにダビングしてました。

レコードは、A面B面合わせて、だいたい45分に収まったので、90分テープを買ってきては1本のテープにレコード二枚を録音してました。

たまに45分以上あるレコードがあって、音をフェードアウトしたりて・・・。

カセットテープの種類も、ノーマルとかメタルとかフェリクロームとかあったかなあ・・。

カセットテープ、この時代はまだ高かったです。 「TDK」とかが人気でしたね。



そう、そしてこの頃忘れてはならないのは、SONYの「ウォークマン」の登場ですね。



当時としてはセンセーショナルなほど斬新なデザイン、カセットテープのケースより小さいサイズ。
「ソニーイズム」の原点が凝縮された名機でした。

どこで買ったかなあ、ベスト電器だったかな?  
これを手にいれて、毎日腰にぶら下げヘッドホンはめてカッコよく(?)きめてました(笑)。
上の写真のウォークマンの後ろに写ってる黒い物体は、そう、単一電池用の携帯ケースです。これも携帯してました。重かったなあ、、。今ではとってもカッコ悪いですね(笑)。

旅行の時はカセットテープを10本くらい持って、それだけでカバンがいっぱいでした。

先日このブログでも書きましたが、大濠高校時代に野球部が甲子園出場し、夜行バスで応援に行った時も、しっかりウォークマンを持って行ったのを思いだします。 
「TOTO」(トイレじゃないよ:笑)や、「松田聖子」とか聴いてたなあ・・・。  懐かしいかぎりデス。








これは、バイトして買った「AKAI」のカセットデッキ。 当時としては画期的なオートリバース&選曲機能付きカセットデッキです。高性能でかなり高価だったなあ。  
高性能すぎて使い方が複雑で、その機能の半分くらしか使わなかったかな。今のパソコンと一緒ですね。







そして、今でも毎日聴いてる「DIATONE」のスピーカー。
「DIATONE」は、三菱電機のオーディオブランドで、スピーカーの名門でした。
ブランドとしては一度撤退しましたが、今また復活してるようです。



20数年前に購入した時と同じ音を、今でも私の部屋中に鳴り響かせてくれます。




その後オーディオ機器は、音楽に映像を組み合わせたレーザーディスク(LD)など、オーディオディスクが登場し、CDMDが時代の主流になりました。




これは、私が初めて買った「PIONEER」のCDプレーヤー。もちろん今でも使っってます。


そしてさらに現在の「iPod」へ、と劇的に進化しています。

昔は、レコードやCDのジャケットを自分の部屋に飾ったり、カセットケースに曲名書いたりと、音楽は「集める」趣味だったと思いますが、今では「聞き流す」趣味に変わったように感じます。

「アナログ」から「デジタル」へ変わっていくと同時に、

音楽は、「コレクション」から「消費」へ。 と言ったところでしょうか。

昔のオーディオマニア小僧としては、ちょっぴり寂しい時代となってしまいました。


でも、変化・進化は世の常。 「温故知新」の心持ちで処世にあたっていきたいと思ってます。



今回のブログは、すっかり「自分の思い出のページ」になってしまいました。 ご勘弁くださいませ!


p・s
オーディオ懐古録、、、誰かがこんなページを作ってたので、ご参考までに紹介しておきますね。

  

Posted by 廣田 稔 at 13:37Comments(0)my favorite

2007年08月16日

フォーNET8月号に掲載 ~ibb will 姪浜~




皆様、酷暑お見舞い申し上げます。

お盆過ぎても、「危険な夏」が続きますね。 お体ご自愛ください。


さて、


現在、「ibb fukuoka project」では、月刊誌「フォーNET」に、「ibb fukuoka project」特集を連載していただいています。

「ibb fukuoka」「ibb will 姪浜」に入居している企業を、毎月数社紹介しています。


そして、いよいよ連載の最後を飾る、フォーNET8月号には、「ibb will 姪浜」入居者の、


プランドゥシー株式会社

株式会社ファンキーストリート

株式会社 和醸(わじょう)


そして、

右腕屋株式会社 (株式会社ビジネスアシスト)


以上の4社が掲載されています。

詳しくは、コチラをご覧ください。



それと、お知らせです!

「ibb will 姪浜」では、定例会を2か月に1度開催しています。

いつもは、入居企業同士で、情報交換や勉強会をやってますが、

季節は夏だし、今回はオープンな交流会を開催しよう! ということで、

8月30日(木)に、「交流会・拡大版 ~話しばしょっ会な~ 2007・夏」を開催します!

詳細は、このページで。  

Posted by 廣田 稔 at 16:41Comments(0)ibb will 姪浜

2007年08月12日

25年ぶりの再会




私は、福岡大学附属大濠(おおほり)高校出身なのですが、

昨日8月11日、1982年度卒業の同期生の、25年ぶりの同窓会が開催されました。

私もお世話係りさせてもらいました。


開催場所は、ナント! 高校の学生食堂です。

新校舎建設のため、私達が学んだ校舎が取り壊されるとのことで、それであえて学食を開催地に選びました。
 
 
久しぶりの学食、やっぱり懐かしいです。
私達が高校3年生のとき、大濠高校が甲子園に初出場しました!



挨拶してるのが、今回の発起人の須藤英一郎君。 当時の生徒会長でした。

彼の呼びかけにより、今年の初めから世話人会をスタートし、準備してきました。



 

約100名の同期生が久しぶりに一同に集まりました。

25年ぶりに再会しましたが、当時とまったく変わってない人、すっかり「オヤジ化」した人(笑)、などいろんな同期生と旧交を温めました。



 

当時の担任の先生方にもお集まりいただき、みんな昔話に花を咲かせてました。


集まっていただいた皆さんありがとうございました。

そして、須藤君をはじめ世話人の皆様、お疲れ様でした。

楽しかったですね!  またいつの日か!


  

Posted by 廣田 稔 at 12:05Comments(0)身の周りの出来事

2007年08月11日

ibb will 姪浜・「交流会拡大版」 開催します!





弊社、ベンチャーオフィス&アパートメンツ「ibb will 姪浜


「ibb will 姪浜」では、定例会を2か月に1度開催しています。

いつもは、入居企業同士で、情報交換や勉強会をやってますが、

季節は夏だし、今回はオープンな交流会を開催しよう! ということで、

8月30日(木)に、「交流会・拡大版 ~話しばしょっ会な~ 2007・夏」を開催します!

詳細は、このページで。

「よかよか」の「ふくおか情報ブログ」に掲載いただいました! ありがとうございます。

http://fukuokainfo.yoka-yoka.jp/e52393.html

または、弊社HP コチラ!

http://ibb.comlog.jp/10000/archives/0000357.html


皆さん、どしどしご参加ください! お待ちしてまーす!  

Posted by 廣田 稔 at 00:10Comments(0)ibb will 姪浜

2007年08月10日

福岡の好きなところ・きらいなところ





今回は、「ふくおか経革広場」さんから、お題をいただいてますので、お答えします。



「福岡の好きなところ、きらいなところ」。



「好きなところ」は、ほかの皆さんもおっしゃてるいように、自然・文化・スポーツ・商業・食・等々、

すべてにおいて、コンパクトにまとまってるところですね。

常々思ってることですが、福岡は、東京やNYではなく、「シンガポール」のような都市を目指すべきだと思っています。

その理由については長くなるのでまたの機会にー。


そして、福岡の一番の財産は、「自分のまちを好きに思ってる人が多いこと」だと思います。 

もちろん私もですが。

ほかのまちに行って、そのまちで暮らす人と話をすると、自分のまちのことを悪く言う人を多く見かけます。

でも、福岡に住んでる人で、福岡のことを嫌ってる人は少ないと思うし、人にはばからず、「福岡が好きだー!」と言ってる人は異常に多い(笑)。

でもこれは、福岡の大切な財産だと思います。




さて、「きらいなところ」ですが、

嫌いというより、改善すべき点ですが、「空港の過密度」ですね。

皆さんご存知のように、福岡空港はまちの近くにあり、大変便利ですが、そのキャパはすでに飽和状態にあり、離発着の便を、今より各段に増やすことは難しいとの事。

いくらアジアの窓口・ゲートウェイを標ぼうしても、このままでは海外から福岡にも来たくても来れないことになり、

このままでは、福岡のまちは、今以上の成長は望めないと思います。

空港問題は、「棚上げ状態」ですが、再考すべきだと思ってます。


以上、「福岡の好きなところ・きらいなところ」でした!






  

Posted by 廣田 稔 at 17:57Comments(0)話題の広場