ibb fukuoka project = 輝きつづけるまち・福岡創造プロジェクト。  このプロジェクトでの出来事を中心に、仕事・オフタイム・時事・ボランティアでかかわっている 「アジア太平洋こども会議・イン福岡」(APCC)のことなど織り交ぜ、気楽にアップします。

2008年01月31日

ミッション事前調査 ~オリンピック前夜の国 中国・北京~




「アジア太平洋こども会議・イン福岡(APCC)」。

ミッションプロジェクト2008(派遣事業)事前調査報告、最後は中国・北京です。

北京は現地の窓口精査も兼ね、1月下旬に毛利副実行委員長と事務局コーディネーター峯さんと3人で訪問しました。

私としては10数年ぶりの北京でした。


 
現地に夜着。翌朝は雪になりました。  北京は気温は低いですが、雪は少ないそうです。

左が日本大使館。 現地大使館の道上公使らと面談。 春休みにこども大使がやってくることを伝えました。




 
その後、現地APCC窓口 中国宋慶齢基金会を訪問。 ミッションの打ち合わせ、ならびに窓口ヒヤリングをしました。

そしてミッションで使うホテルを視察。 最近リニューアルしたばかりで、とてもキレイで心配なさそうです。




 
車窓からでうつり悪いですが、右がオリンピックメーンスタジアム。通称「鳥の巣」です。 



 
空き時間、万里の長城を見学に行っていました。 

現地は-10度。 もちろん寒いですが、長城はかなりの坂道なので、歩いてると自然に体が温まってきます。 でも指先はイタいですね。


   
で、今回の旅で一番驚いた(?)ことは、ドコモケータイ905iが普通に使えることです!

日本との通話はもちろん、iモードも使えるし、ナント写メールも!  右の写真が万里の長城で撮ってすぐ日本に送った写真です。

さすが「ALL IN 世界ケータイ」というだけありますね! 日本の技術力に感動しました!




 
訪問したときが、オリンピック開催までちょうどあと200日の日でした。
オリンピックのキャラクターグッズのショップもオープンし、徐々にオリンピックムードが盛り上がってきてるようです。

食品問題や環境・大気汚染問題等が影を落としてますが、ミッションでは「今が旬」の北京を体感してきてほしいと思います。  

Posted by 廣田 稔 at 19:50Comments(3)APCC

2008年01月31日

ミッション事前調査 ~笑顔の国・バヌアツ共和国~




「アジア太平洋こども会議・イン福岡(APCC)」。


 

1月中旬、ミッションプロジェクト2008(派遣事業)の全体研修会を開催。

春休みの派遣に向け、準備がスタートしています。

そんな中、派遣を予定していたスリランカですが、今年に入り治安情勢が悪化した為急きょ取り止め、
派遣先を変更しシンガポールに行くことになりました。



********************************************



では、ミッション事前調査報告です。

1月の初旬、今回初めて派遣するバヌアツ共和国に、毛利副実行委員長とともに現地調査に行ってきました。



経由地フィジーからの行き帰りの飛行機からは、南の島らしい風景が続きます。




バヌアツ着後、首都ポートビラ市内へ。 上の写真が一番のメインストリートです。



 
APCCのバヌアツの窓口、教育省を訪問。 今回のミッションについて打ち合わせを行いました。

福岡のこども大使が来るのを楽しみに待ってくれているようです。




 
その後、ミッションで登校する学校を見学。 この小学校は市内でも古い学校のようです。 この日学校は休暇中でした。




現地の若者(?)と。  自分が白くなったような気分になります(笑)。




 
空き時間に、現地に駐在してる日本人のツアーガイドの方に、自給自足の生活を送っているビレッジ(村)に連れて行ってもらいました。




 
首都市内からデコボコ道を走ること一時間、電気も何もない自然の中で暮らす村がありました。

ちなみに、ミッション団のホームステイ先は首都市内なのでご心配なく!
でも、こっちが楽しいかも(笑)。




 
訪問した私たちをあたたかく迎えてくれました。 この村には、約300人が共同生活してるそうです。 

村には教会や学校もありますが、日本の青年海外協力隊(だったかな)の人が、学校の先生として駐在していました。 約一年ほど暮らしてるとのことでした。



 
イギリスのシンクタンク「nef」が「世界一幸福度指数の高い国」に選んだバヌアツ共和国。

バヌアツの人たちは、すれ違う時こちらが手を振ると、必ず笑顔とともに手を振ってこたえてくれました。



ミッションで行く福岡のこども大使にとって貴重な旅になることでしょう。  

Posted by 廣田 稔 at 16:50Comments(1)APCC

2008年01月26日

福岡JC 本年度理事長、来社。




先日、(社)福岡青年会議所(福岡JC)の本年度理事長が、就任の挨拶に来られました。

本年度の福岡JC理事長は、新開裕司(しんかいゆうじ)君です。

写真を撮り忘れましたので、もってきてくれた事業計画書をー。




今年のスローガンは、

「響く」~福岡らしい文化あふれる 明るい都市の創造~ 

だそうです。 そして今年は、福岡JC55周年とのこと。

私が理事長を努めた2003年がちょうど50周年だったので、もうあれから5年たったのですねぇ、、早いものです。

JCは役職がすべて単年度制になっており、理事長の任期も一月からの一年間ですが、福岡のまちのため力一杯活躍してほしいと思います。  

Posted by 廣田 稔 at 14:16Comments(0)身の周りの出来事

2008年01月19日

ドリームゲート・アドバイザーに就任





前にも紹介したことがある「ドリームゲート」


ドリームゲート」とは、、、
「DREAM GATE(ドリームゲート)」とは、夢を追うすべての方に、やりたいことをやる道として会社員以外にも独立・起業という道があることを知ってもらい、同時にその挑戦を様々な形でサポートするサービスの総称です。


以前に、「ドリームゲートグランプリ」九州挑戦者祭、06年・07年二年連続で審査員を務めたことがありますが、


起業家の支援をしたいと同時に、自分自身のコンサルティング能力をアップさせたい、との思いから、

本年1月より、ドリームゲートアドバイザーを引き受けました。

ページはココです。


どれくらい皆さんのお役に立てるかわかりませんが、誠意をこめてやっていきたいと思います。


無料相談です。 皆さんもご質問どうぞ!(笑)。  

Posted by 廣田 稔 at 12:32Comments(0)ドリームゲート

2008年01月06日

風向きが変わってきた、かな。




今日の西日本新聞の一面に、以上のような記事が。

福岡市中心部の高さ制限を緩和して容積率をアップさせたら、最大3兆円地価総額が増えるとの試算結果がでたそうです。

空港問題、これまではどちらかと言うと、移設反対の意見の方が大勢だったように思いますが、以上のような記事が新聞一面に載りだしたということは、風向きが少し変わってきたような、、、。


私は以前から、福岡のまちの成長を考えると空港は移転すべきと思ってきました。

現在の空港は近くて便利、はまぎれもない事実です。

でも空港が都心にあまりに近くにあるために、建物の高さを制限され、都市としての価値を上げられないでいます。

アジアの人達をより招こうと観光をPRしても、今のままでは空港が満杯で、飛行機が下りて来れず、そのまま上空を素通りして東京や北海道にながれてしまいます。


これらは、このまちにとって大きな損失だと思います。


移転か、現空港での増設か、

県知事の話によると、今年の前半に県としての意見をかため、それを参考に最終的には国が決定するそうです。

これからさらに議論が活発になってくると思いますが、機をみて意見していきたいと思います。



ということで、

「国際線が少ない福岡空港から成田空港経由」で、

明日より、APCCミッションの事前調査で、バヌアツに行ってきます!  

Posted by 廣田 稔 at 13:10Comments(6)話題の広場

2008年01月05日

今年の意気込みを一言で!





「ふくおか経革広場」さんからいただいた、1月のお題は、

「今年の意気込みを一言で!」



年頭のブログにも書きましたが、今年の意気込みを一言で言うと、


「THINK GLOBAL ACT LOCAL」(シンクグローバル アクトローカル)です。


この言葉を念頭に置き、行動していきたと思います。




それと、

今年で20回目の節目を迎えるAPCC。 

今回も実行委員長を務めますので、第20回APCCの成功に向け、力を注ぎたいと思っています。





icon64 icon64 icon64


そして、(勝手に?)恒例の番外編としては、、、


スポーツジム行き50回! 体重3キロ減。

自分のベストと思ってる体重まで、どうしてもあと3キロが減りません。

で、その減量と体力増強もかねて、今年も時間ある限りスポーツジムに通いたいと思ってます。

数えると、昨年は約30回ほど行ってるので、今年は目標として、週一ペースで年間50回を目指します!

これで来年の今頃は、体力・筋力はアップしての体重減に成功し、「チョイもて男」に変身~!かな(笑)。  

Posted by 廣田 稔 at 12:20Comments(0)話題の広場

2008年01月01日

THINK GLOBAL ACT LOCAL




明けましておめでとうございます。

雪の正月になりましたね。 初日の出も拝みに行かず、家でゆっくりと新年を迎えました。


さて、

2008年。

今、世界では急速にグローバル化が進み、市場が一つに統合されつつあります。 

世界規模で進むM&Aもその流れの中で行われているのでしょう。

その市場の中で日本が生き残っていくためには、日本の強みをさらに確立していくことだと思います。

日本の強み。 私は「先端技術力と環境」だと考えます。

それとジャパニーズ・ポップ・カルチャーも大切にしたいですね。



「THINK GLOBAL ACT LOCAL」(シンクグローバル アクトローカル)
「グローバル(地球的)な広い視野で考え、ローカル(地域で)行動する」

よく使われる言葉ですが、

そんなグローバルな時代、今年はより強くこの言葉を念頭において行動していきたい。



おかげさまで弊社は今年、会社設立45周年を迎えます。

企業理念の「輝きつづけるまち・福岡の思い在る創造」を心に刻み、

行動基準の「誠実・地道に、ワクワク・こつこつ」をモットーに、

グローバルな視野で物事を考え、そして事業領域である福岡を基盤にして、社業に励んでまいりたいと思います。

本年もご厚情のほど、宜しくお願い申し上げます。


平成20年 元旦         廣田 稔