ibb fukuoka project = 輝きつづけるまち・福岡創造プロジェクト。  このプロジェクトでの出来事を中心に、仕事・オフタイム・時事・ボランティアでかかわっている 「アジア太平洋こども会議・イン福岡」(APCC)のことなど織り交ぜ、気楽にアップします。

  

Posted by at

2009年01月31日

20世紀少年




映画 「20世紀少年」

こどもに勧められ(?) 第1章を観に行きましたが、

なかなか面白い!!


原作者が私と同世代。

映画に出てくるシーンも自分のこどもの頃にドンピシャで、

「そうそうっ!」と、映画観ながら思わずつぶやいてる自分がいました(笑)。


秘密基地つくったり(西公園に:笑)、駄菓子屋でクジ引いたり、、、同じようなことやってましたねぇ。


単純に楽しめる「本格科学冒険映画」です!


昨夜、テレビで第1章のダイジェスト版が放映されてましたね。


そしていよいよ、今日から第2章が劇場公開されます。

登場する「当時の少年達」の運命やいかに!


さて、

どの「ともだち」と観に行こうかな!?


  
タグ :20世紀少年


Posted by 廣田 稔 at 05:57Comments(0)オフタイム

2009年01月29日

バッドバンク



アメリカのオバマ大統領の右腕、ティモシー・ガイトナー氏が米財務長官に就任しましたね。

これから金融の安定に向け、早急に動き出すことでしょう。

「金融の安定化」、最後の切り札はやっぱりコレしかないですね、、

「バッドバンク」の設立。

バッドバンク・・・金融機関の不良資産を買い取る専門銀行。


現在のように資産内容が悪い状態のままで資本注入しても、

穴のあいたバケツに水を足してるだけで、根本解決になりません。

バッドバンクを設立し、金融機関から不良資産を切り離す抜本策が必要だと思います。


不良資産の買い取りは、以前日本の金融危機の時にもとった方策で、

やる前は賛否がわかれましたが、結果的は有効に作用しました。


しかし、これには大きな痛みも伴います。

処理にかかる費用も数兆ドルともいわれています。

この大ナタを振るえるのは、高支持率を誇る「今」のオバマ大統領しかできないでしょう。


オバマ政権の迅速な対応を期待しています。



  

Posted by 廣田 稔 at 00:34Comments(0)話題の広場

2009年01月22日

project事務局移転




弊社「ibb fukuoka project」の事務局。

プロジェクト発足以来、「ibb fukuoka」ビル5階の(株)ココシスのオフィス内に置いていましたが、

昨年11月に、同ビル4階の406号室に移転いたしました。

現在はまだデスク等が整っていませんが、4月に完備させグランドオープンします。

また当オフィスにて新事業も展開予定です。

引き続き、ヨロシクお願いいたします。

お知らせでした!



  

Posted by 廣田 稔 at 17:45Comments(0)ibb fukuoka

2009年01月17日

日本政治への提言




世の中、厳しい時代になりましたねぇ、、暗い話ばかり、、。

世界経済、100年に一度の大事態と言われていますが、

ならばそれに対応するためにも、

日本の政治も100年に一度の大改革をしないといけない時代を迎えているのではないでしょうか。


それで、

私の独断と偏見の「私案」ですが、日本政治へ提言します。



イギリスは30年で4人

アメリカは28年で5人目がもうすぐ就任。

日本は、、29年で16人、、、。


上の数字、何かというと、、、そう


その国の首相や大統領に就任した人数です。


日本の首相は、1980年の鈴木首相から現在の麻生首相まで29年間で16人、、、、

オッたまげますよね、よくぞこれだけ交代したものだと。


ちなみに、国民が国際空港を占拠するような混乱がおきてる「タイ」が、29年で17人、、、
誰か、タイの首相の名前を一人でも言える人いますか?



それを企業にたとえても、

どんなに名社長でも、任期が一年やそこらでは会社を成長させられるわけがないです。



イギリスは、かつて英国病と評され、低迷した時期がありましたが、

1979年にサッチャー首相が就任し11年間で大改革を遂行し、

現在のブラウン首相までの4人の首相をもって復活し、世界でその地位を保っている。


あの変化の激しい国アメリカも、大統領は81年のレーガン大統領から、来週就任するオバマ氏で5人目。



それから考えて、

日本の政治も、長期政権制にすべきだと思います。

総理大臣も、アメリカの大統領や日本の知事・市長のように、

一度決まったら、任期期間は交代がないシステムにする。

任期は4年間。 その間は変えない。


変えられると思うから、

ちょっとしたことですぐに周りが騒いで不安定になる。


変わらないと「諦めたら」(笑)、周りも足を引っ張るばかりでなく、

応援したり置かれた立場の中でより良くしようと行動するはず。


トップまで登りつめる人は、その人なりの長所があるはずです。

その長所をいかし、任期のあいだに得意分野で力を発揮してもらう。

当然人間なので短所もあるでしょう。

その足りないところは周りが助ける。フォローする。


どの党が政権取ろうと、誰が首相やろうと、

4年くらい腰を据えて政治(まつりごと)をやらないと、

大きな改革を責任を持って進めることはできないと思います。



世界のなかの日本を考えても、

トップの顔が変わらない方が、世界から信頼される国になると思います。



代議士の方々にとっては、自身が大臣や首相になるチャンスが減ることになるかもしれませんが、

「一度決まったら、最低4年は一人の人間にトップを任せる」。


まずは、これが日本改革の出発点だと考えます。




  

Posted by 廣田 稔 at 00:51Comments(0)話題の広場

2009年01月11日

今年のお年玉 ~BOSE~

長年愛用してるステレオの「ラジオチューナー」の調子が悪く、、、。

それで、前から気になっていたオーディオ機器を(貯めたマイルを使って:笑)手に入れました!




BOSE「Wave Music System」


う~ん、評判通り、かなりの名機ですね。

コンパクトサイズにもかかわらず、低音も高音も歪むことなくピュアに、

聞き取りにくい「人の声」も、クリアに表現してくれます。


それに、シンプルデザインと使い易さが魅力。

オーディオ機器にありがちな面倒な配線をしなくてよいオールインワン設計で、

CDやラジオなどがいわゆる「コンセントにつなぐだけですぐ聴ける!」(笑)。


これから長く使うことになりそうです。


  

Posted by 廣田 稔 at 12:43Comments(0)my favorite

2009年01月09日

(株)カウテレビジョン




2009年、今年の干支は、、、

そう「丑年」ですね。

ということで、今年はこの企業の年です。

そう、(株)カウテレビジョンさんです。

昨年、高橋社長が弊社に来社いただき、

「カウTV社長室101」の取材を受けました。

その様子が、アップされています。 

動画は苦手なので、かなり恥ずかしいですが、、。

カウテレビジョンに会員登録(無料)すると、

「カウTV社長室101」をはじめ、いろんな動画を見ることができますよ。

おススメです!  



高橋社長をはじめカウテレビジョンの皆さん、ありがとうございました。

これからも頑張って下さいね!





  

2009年01月07日

定額給付金に思うこと vol.2



定額給付金、、、そもそもの発想は決して悪くないと思います。


でも、今の世の中の「定額給付金」に対するムードが悪すぎますねぇ。


一連の経済対策の中でも、自分のフトコロに直接関係することなので、国民の関心が一番高い。


小学生の私のこどもも、

「こどもにくれる分の、8000円は自分にちょうだい!」とさけんでます(笑)。

わが家はこども3人の5人家族なので、案通りにいくとナント!84000円ももらえる計算に。

何に使おうかと、それなりにワクワク(笑)します。


こうして、全国民に行きわたるのだから、それなりの景気刺激にはなるはず。


でも、今のままのムードなら、

国民は、ホントはもらって嬉しいくせに、国に感謝するどころか、

「国がもらってくれと云うからもらってやった」。

国側も、

「お願いですからもらってください」。

という、雰囲気になりそう、、。


景気に一番大事な「気持ちの高揚」にはつながりそうにないですね。


定額給付金、いっそのこと止めてしまっては、、、


でも自民党もここまで来たら、あとには引けないでしょうねぇ、、。


この問題、大きな禍根を残しそうです。
  

Posted by 廣田 稔 at 08:30Comments(0)話題の広場

2009年01月06日

一応(?)宣言!


新年の目標。

心に期することはいろいろあります。

心に期することなので、おおやけにすることではありませんが、

あえて宣言することは一つ。

昨年もこのブログで宣言した、健康維持のためのスポーツジム行き





昨年は年間50回を宣言して、おかげさまで達成できました。

で、

今年は100回! と言いたいところですが、無理は禁物なので、

昨年の一割増の55回を目標にしたいと思います。


まあでも、ジムに行くことが目的ではなくて、

健康維持、体力増強、イケメン化(笑)が目標ですがネ!

  

Posted by 廣田 稔 at 21:21Comments(0)オフタイム

2009年01月06日

2009年の株式相場予測




日本の株式市場、大発会の昨日は高く始まりましたね。


日経新聞1月3日付けの、毎年恒例の「経営者・有識者40人に聞く株価予測」によると、

高値予測は平均で、11265円。 

安値は、7000~7500円が大勢。

高値を付ける時期は「12月」の回答が多く、

安値を付ける時期は、過半数が「1~3月」

以上のような結果がでてるようです。


そこで、

今年の相場を、自分なりに「予測」してみます。


今現在の相場を一言で表現すると、

「世界同時不況おりこみ相場」

世界中が09年の景気を総悲観してるので、それをおりこみ中。

それを先取りしたのが、昨年10月の6994円。 それで大底は打ったと思います。


今年は、2010年の景気がどうなるかが「先読み」される相場になるので、

いち早く業績が回復すると予測される企業は上昇に転じる。

でも、全体のボリュームは乏しいので、大型株はある程度まで戻したら横ばい。


主戦場は中小型株。

局地戦が展開され、

環境関連あたりで大化けする銘柄が続出するのでは、、


ポイントは、「ニューヨーク市場離れ」。

アメリカの不況は、日本の「失われた10年」の時のように長引くので、

ニューヨーク市場はまだ下がる可能性はありますが、

日本の市場がニューヨーク市場の動きに左右されず、

独自の動きをするようになることがポイントです。


以上をもとに、相場予測としては、

高値は12000円 7月

安値は8000円  1月


業種としては、前記した「環境関連」がさらに人気化するでしょう。

それと、景気回復を先取りし「金融・証券株」が意外に上げるかも。

個別の銘柄は、、、、これは自己判断で、、(笑)。


当たったかどうか、年末には検証しないといけませんね。

大外れしたらゴメンナサイ。

でも、名だたる経済評論家も毎年ほとんど外してるので、、、

もし、それなりに当たってたら、誰かおごってくださいね(笑)。


  

Posted by 廣田 稔 at 08:30Comments(0)話題の広場

2009年01月01日

「CORE(コア)」を磨き、未来をひらく




明けましておめでとうございます。

昨年に続き、今年も雪の正月になりましたね。 

皆様、よいお正月をお過ごしください。



さて、

毎年、日本経済新聞の元旦の朝刊には、その年をうらなう示唆にとむ言葉がでてきます。

で、今朝の朝刊に出てきた言葉。


「サステイナビリティ(持続可能性)」より、「サバイバビリティ(生き残る力)」が問われる時代へ。 

21世紀の今、パラダイムは変わった。




かつてない程の厳しく大変革の時代を迎えていますが、

気持ちは持ちよう、

焦らずおごらず、悲観的になりすぎず、

周りに流されて自分を見失わないようにしたいと思います。


そして、

以下の言葉を今年のスローガンにします。


「CORE(コア)」を磨き、未来をひらく。


コア・・・会社の核、強み。

会社の強みのコアと、4月完成予定の新本社ビル「ibb CORE 港」のコアを掛け合わせました。


新本社ビルを活かして会社の強みを強化するとともに、
創業80年・設立45年を過ぎた今年、さらに新たな事業展開を図る。



そんな思いで、今年も社業に励んでまいりたいと思います。


本年もご厚情のほど、宜しくお願い申し上げます。


平成21年 元旦        
                   廣田商事株式会社
                        
                         廣田 稔