ibb fukuoka project = 輝きつづけるまち・福岡創造プロジェクト。  このプロジェクトでの出来事を中心に、仕事・オフタイム・時事・ボランティアでかかわっている 「アジア太平洋こども会議・イン福岡」(APCC)のことなど織り交ぜ、気楽にアップします。

2010年09月24日

報告です! 第6回チャレンジゲート九州



報告遅くなりしたが、

さる9月17日、


チャレンジゲートin九州の6回目を開催しました。









講師は、鈴木アドバイザー石川アドバイザー



 



お二人の専門分野について、丁寧に詳しく講演していただきました。







セミナーの後は恒例の交流会を開催。


新たにアドバイザーに就任された、西岡アドバイザー 田辺アドバイザーも参加!



時間をオーバーしての交流会となりました。




チャレンジゲートin九州。

次回よりは、お世話役のアドバイザーが交代し、

装いも新たにスタート予定です。


開催日時等決まりましたら、またお知らせしますね!



  


Posted by 廣田 稔 at 15:35Comments(0)ドリームゲート

2010年09月09日

ibb 10th anniversary







昨日の8日。


「ibb fukuoka project 10th anniversary」 を開催しました。



約170名の皆様にお集まりいただき、大いに盛り上がった会となりました。



ご出席いただいた皆様、ありがとうございました。



いき届かなかった点、多々あったことと思います。この場を借りて、お詫びいたします。






ibb fukuoka project をスタートさせて10年。



これまで続けてこられたのは、皆様のお支えがあってのこと。



このprojectに関わっていただいてるすべての皆様に感謝申し上げます。




会の中では、「これからの20年ビジョン」も発表させていただきました。



20年先の2030年に向けて、思いも新たに頑張っていきたいと思います。




会の写真、いくつかアップしておきますね。





 


 



 



 



 



 



 





  


2010年09月06日

2030年に向けて、、、「これからの20年ビジョン」






このブログの題名でもある、


「ibb fukuoka project」


2000年からスタートし、おかげさまで今年で10周年を迎えました。


それを記念して9月8日に、「10周年パーティー」を開催しますが、


その中で、


2030年に向けての ibb fukuoka project 長期計画、


「これからの20年ビジョン」を発表します。



このプロジェクトをスタートさせた時、


「夢の実現に向けて、この事業を30年続けます!」と宣言してしまい(?)ました。


言ったからには頑張らないと!、と事業を続けています。


今はちょうどその三分の一が過ぎたところ。



これまでの10年を踏まえ、


「今からの20年先どうありたいのか」


「どんなアクションを起こしていくのか」


を、発表します。


「20年に一度」の発表なので、「ホラ吹き」の部分もあるかもですが(笑)、


真剣に考えたビジョンです。



10周年の会で発表後、会社HPやこのブログでも公表します。



お楽しみに!!






  


2010年09月05日

ダイナミック上海! ーChinese Wave vol.3 







8月の下旬、万博を見学がてら、上海に行ってきました。



上海は2度目の訪問でした。



初めて行ったのは16年前の1994年。

その時撮った写真がコレ! まだテレビ塔しかありませんでした。





コレが16年後、こう変貌してました。




超高層ビルが立ち並び、上海の勢いを象徴する新都心「浦東新区」。


世界の中心地の一つになった感があります。





08年の北京オリンピックに続き国の威信をかけて開催している、


上海万博を見学。(暑くて死にそうでした、笑)。





確かに、大勢の観光客が来場してましたが、


会場自体がすごく広いので、そんなに混雑感はなかったです。


がしかし、


うわさ通り、人気の日本館には大勢の人が並んでました。

 


その日の待ち時間は、4~5時間、、、

炎天下の中、根気よく並んでたのは中国人がほとんど。

日本人を含め、外国人はあまり並んでない様子、、。


暑い中長い時間並んででも、絶対に見てやろう!、、、。


そんな中国の今の勢いが、この場面にも現れているように感じました。








その日本館に隣接するイベント広場で、「孫文と梅屋庄吉 史料展」がこの日から開催。


この史料展に少しだけ協賛してたので、オープンニングセレモニーに出席させてもらいました。


福田元首相も出席されてました。



史料展の詳細は、この展示会を主催した小坂文乃さんのブログで、、、。






孫文の志に共感し、生涯をかけ物心両面を挙げて支援を行った梅屋庄吉氏。


日本でもこれからさらにクローズアップされることでしょう。


梅屋庄吉氏の曾孫にあたる小坂さん。


日本と中国の友好の懸け橋となって、これからもさらに活躍してほしいと思います。







そして、


上海で、ここだけは行きたいと思ってた「上海環球金融中心」(通称、上海ヒルズ)。




六本木ヒルズをつくった「森ビル」が、10数年の歳月をかけて完成させたものです。




現在、世界で一番高い位置にあると言われてる展望台へ。


 


そこから見た光景は、、、


林立する超高層ビル群もすごいですが、その先に広がるまだまだ未開発の土地。



この、土地の広さと人の数の多さが、今の日本と決定的に違います。



世間で言われてるように、


中国経済は、上海万博が終わると一時的には停滞するかもしれませんが、


そのあとは再び世界を席巻していくことでしょう。






今回の旅。


中国パワーの「奥の深さ」を実感した旅となりました。






最後に、、、グルメの話題、。


日本のガイド本にも載ってる「南翔饅頭店」(キャナルシティにも入ってますよね)に行きました。

 

地元のお客さんでいっぱい。

アツアツの小籠包、美味しかったですヨ!








Chinese Wave、、、

これからも、確実に日本にそして世界中に押し寄せてきます。




  


Posted by 廣田 稔 at 14:30Comments(0)旅行記

2010年09月03日

韓国企業とのつきあい方&創業者のための節税ポイント セミナー










ドリームゲートの九州アドバイザーによるセミナー、「チャレンジゲートin九州」



今月17日(金)に開催する、6回目のセミナーのご案内です!



今回のテーマは、


「韓国企業とのつきあい方」「創業者のための節税ポイント」について。



専門性の高いドリームゲートアドバイザー二人の登場です!




セミナー内容


現実化してきた韓国中小企業とのコラボレーションの重要性と戦略的なパートナーシップの構築について


新規創業者のための節税ポイント




  日時:2010年9月17日(金)19:00~21:00 + 交流会
          セミナー第一部 19:00~
          セミナー第二部 20:00~
          交流会     21:00~
           
  場所:「ibb fukuoka」ビル6階 会議室
      (福岡市中央区天神2-3-36)

  参加費:3,000円 (セミナー+交流会)




セミナー後の交流会で、「講師や参加者の皆さんと、相談や交流ができる!」 が、チャレンジゲートの魅力。


いろんな出会いがあなたを待っています!


セミナーに参加される方は、セミナー後の交流会への参加をお勧めします!




前回(7月)のセミナーと交流会の様子
 



ちなみに、


交流会に参加してもしなくても受講料は同じ3,000円です。




セミナーの詳細と参加申し込みはコチラからどうぞ!

http://seminar.dreamgate.gr.jp/topics_detail7/id=63


  


Posted by 廣田 稔 at 11:56Comments(0)ドリームゲート

2010年09月01日

福岡に必要な施設!? ーChinese Wave vol.2




少し前に東京に行った時のこと。



休日の午前中の、まだ人通りの少ない銀座を歩いていて、


ひときわ賑わってる店が、、、


そのお店は、8階建ての大型玩具店「博品館」



中に入ってみると、、いるわいるわ中国の子ども達!



笑顔の親を引っ張りながら、目を輝かせて店内を駆け回ってました。




そうです、



中国からの観光客の皆さんが、大型バスでやってきて団体で入店していたのでした。



その時のお店のお客さんは、日本人は1割程で残りの9割が中国人といったところ。



買う物をいっぱい腕に抱えて、レジに行列をつくってました。



で、何を買ってるいるのかよく見ると、



男女を問わず、日本のキャラクターグッズが大人気でした。

 (最近サンリオの株が、日本株安の中、逆行高してますもんねぇ~)。




博品館の店内には、中国語が話せるスタッフがたくさんいて、



中国のお客さんは、なに不自由なくショッピングを楽しんでる様子でした。



博品館さんにとって中国人観光客は、もうなくてはならない存在になっているようです。










翻って福岡。



さて、、そんな大きな玩具店が天神やその周辺にあったっけ?


少し離れたら、トイザらスとかはありますが。




一つ前のブログに書いたように、



中国の皆さんが欲しがってる薬や化粧品のお店はたくさんありますが、



玩具店はあまりないように思います。



家族連れの観光客には、子どもがつきもの、、。



親の買い物に「付き合わせた」あと、



子どもの好きなお店に行ってあげるのは、どこの国の親も同じ。



大型玩具店。 



これからの「観光都市FUKUOKA」に必要な商業施設のひとつだと思います。




誰かはやく作ってください! 儲かりまっせー!(笑)。


  
タグ :大型玩具店


Posted by 廣田 稔 at 23:46Comments(2)話題の広場