ibb fukuoka project = 輝きつづけるまち・福岡創造プロジェクト。  このプロジェクトでの出来事を中心に、仕事・オフタイム・時事・ボランティアでかかわっている 「アジア太平洋こども会議・イン福岡」(APCC)のことなど織り交ぜ、気楽にアップします。

  

Posted by at

2014年12月31日

2014年のアルバム

12月31日、大晦日ですね。

「今年の漢字」に選ばれた字は「税」でしたが、

私にとって、今年を一文字に表わすとしたら、、、「忙」です。


昨年末に策定し今年よりスタートした「長期経営計画」に基づき行動を開始しましたが、

年当初に計画してなかった事も行ったりしたので、一年中多忙な年となりした。


人財の面では、

廣田商事、ハーベストプランニング、そしてアイ・ビー・ビーのそれぞれに一名ずつ
新たなスタッフが加わりました。



収益基盤の強化としては、

廣田商事とハーベストプランニングで、それぞれ小規模ではありますが物件を取得。


また、

宅建業者としてのハーベストプランニングを再構築し、
自社で入居者を募集する体制を整えました。



そして、

アイ・ビー・ビーでは、

昨年より準備を進めていた新たな起業家向けスクール型プログラム、
「ibb Biz camp」が、7月より始動。

また、5階のスペースが急きょ使えることになったので、
オフィスを4階から5階へ移転すると同時に以前より構想をあたためていた、
起業家のためのワーキングスペース「アントレプラザibb Tenjin Point」を10月に開設。

偶然にも福岡市が「グローバル創業・雇用創出特区」に選ばれ、
天神に「スタートアップカフェ」が開設されたのと同じ時期のオープンとなりました。



個人としては、

昨年より再開したテニスでやっぱり痛めてしまった古傷の左ひざを、思い切って手術。

今はリハビリとトレーニングに励んでます。

また、約40年ぶりに再会した小学校時代の同窓会もやりました。

アラフィフ・バイオリンも、ぼちぼちですがやってますヨ(笑)。


とりとめのない文章になってしまいました、。


その他にもほーんといろいろあった2014年でしたが、

こうやって大晦日を迎えることができてうれしく思います。

かかわっていただいた皆様、そして世の中に感謝いたします。


それでは皆様、よいお年をお迎えください。



  

2014年12月31日

検証→「2014年の株式相場予想」




毎年恒例にしてる株式相場の予想!

今年の取引も昨日30日に大納会を迎え、結果がでましたので検証しますね。


年のはじめの予想はコレでした。


日経平均株価の、

高値予想は18800円(4月)⇒結果は18030円(12月)

安値予想は15100円(11月)⇒結果は13885円(4月)


高値と安値をつけた時期が見事に逆の大外れ! 皆様ゴメンナサイ!(笑)

昨年末の高値引けから始まった今年の相場は、

年初から下落局面を迎え、海外情勢の混迷もあり4月に13000円台まで深押し。

その後、年後半から円安ドル高とともに上昇に転じ、

10月末の日銀の追加金融緩和により一気に18000円台までかけ上がりました。

12年の23%高、13年の56%高に続き、今年も7%高と3年連続の上昇となりました。



今年の相場を、「為替と景気をにらみつつ、先物と個人の拮抗(きっこう)相場」

と表現してましたが、

株式市場は今年も為替相場にほぼ連動。

それと今年は日銀の政策や公的年金の大量買いなど、「官製相場」の色濃い相場となりました。

この流れは来年も続きそうですね。



今年の相場の特徴の予想を、、、

・NISAにより流入する個人が好む高配当銘柄が、利回り是正するまで上昇する。
・同じくNISAにより、小額でも株主優待に手厚い銘柄が人気を博す。
・昨年日経平均上昇ととも買われた225銘柄よりも、個別の小型株の上昇率が高くなる。
・あらためて厳選された、2020年東京オリンピック関連銘柄が値を飛ばす。

有望業種を、、

「金融・証券」「小売り」「インフラ関連」

としていました。


こちらはまあまあ当たったかなと思いますが、

今年は、業種よりも企業の成長性や業績などによる銘柄の選別がよりはっきりでた一年でした。

上がる株はどんどん上がり、人気のない銘柄は低迷したまま、でしたね。


有望業種に「インフラ関連」をあげていましたが、

自分で思ってた以上に「建設株」が値を飛ばしました、、、失敗した~!(笑)



大納会は値を下げましたが、12月高値の年は気分がいいですね!

さあ来年はどんな相場になるかな、、初夢にでてきたら書き留めておきます(笑)

以上、検証のお時間でした。

市場関係者の皆さん、一年間お疲れさまでした!


  

Posted by 廣田 稔 at 18:32Comments(0)話題の広場