ibb fukuoka project = 輝きつづけるまち・福岡創造プロジェクト。  このプロジェクトでの出来事を中心に、仕事・オフタイム・時事・ボランティアでかかわっている 「アジア太平洋こども会議・イン福岡」(APCC)のことなど織り交ぜ、気楽にアップします。

  

Posted by at

2016年12月31日

2016年のアルバム




2016年12月31日大晦日。今年ももうすぐ終わります。

「今年の漢字」に選ばれた字は、リオ・オリンピックもあってか「金」でした。

私にとって、今年を文字に表わすとしたら、、、「曇」かな、、

スッキリとした青空で見通しがよい「晴」ではなく、傘をさしてぬかるんだ道を歩かないといけない「雨」でもなく、、

薄日は指しているけどしかし先が見えづらい「曇りの天気」の一年だったように思います。

人や組織の面においても、また進行中の事業も成果が出始める前、。建設中の建物も完成前、。

いろんな意味で結果が出るのは来年ということもり、、今ひとつすっきりとしない年の瀬かな、。

ま、こんな年もあることでしょう、。 忘年して来年を迎えます!(笑)


さて、今年の一年、、、

廣田商事(株)では、

構想してきた、二つの社有地の上に建物をつくる計画が決まり、今年3月にともに起工。

ひとつは、中央区港町に建設中の禁煙賃貸マンション「iN SHAPE 大濠」
来年3月中旬に完成予定。

もうひとつは、博多駅南に建設中の「スーパーホテルLohas博多(仮称)」。
こちらは来年6月末完成予定です。

どちらも工事は順調に進んでいますが、建物完成までこれからも気を抜かずに取り組んでいきます。

その他では、長年使用し老朽化した建物の解体に向け準備を進めています。


㈲ハーベストプランニングでは、

早良区原の社有地に建設中だったデイサービス事業所「ツクイ福岡早良」が3月に完成。
株式会社ツクイ様との長いお付き合いが始まりました。

また、ハーベスト大橋パーキングが、1986年12月のオープンから20周年を迎えました!
その間一日たりとも休まず営業。現場スタッフに感謝します。
所長はじめスタッフ1名も変わりましたが、営業スタイルは変わることなく日々運営しています。

そして、来年完成の禁煙賃貸マンション「iN SHAPE 大濠」の満室に向け、
入居者の募集に取り組んでいます。


(株)アイ・ビー・ビーでは、

今年も「ibb社長塾」「ibb Biz Camp」「なでしこ塾」等、
勉強会やセミナーや交流会を数多く行いました。

そして、「ibb fukuoka」の入居者や関係者が一堂に集まる大交流会「ib be united party」
今年10回目を開催することができました。
これまで会にご参加いただいた方は延べ約1,500名。 その中で多くの交流が行われました。
ご参加いただいた皆様に感謝いたします。

特筆すべきことは、

元「ibb fukuoka」入居企業、時津社長率いる株式会社ホープが、
今年6月に東証マザーズと福証Q-Boardに上場しました。
2007年のビル入居当時、まだ社員が2~3名だったホープが、
それから9年でIPOまでたどり着くとは、当時は思っていませんでしたが^^;、
ホープさん、本当におめでとうございました。それを引っ張っていった時津社長に敬意を表します。
我々としても、今年のうれしい出来事でした。

ホープ上場記念「九州・福岡のIPOの機運を高める会」も開催しましたね!

来年は、今年取得した宅建業免許を活用し、ibb独自のオフィス仲介を積極的に行っていきます。


以上、
このほかにもいろんなことがあった今年ですが、
今日こうして大晦日を迎えることができてうれしく思います。
かかわっていただいた皆様、そして世の中に感謝いたします。
ありがとうございました。

それでは皆様、よいお年をお迎えください。

  

2016年12月30日

検証→「2016年の株式相場予想」



2016年の東京株式市場、本日で大納会を迎えました。

予想の検証、、今年はしたくなかった(笑)ですが、ケジメはつけないといけないので振り返ってみます。


年のはじめの予想はコレ(クリック!)でした。


日経平均株価の、

高値予想は20500円(4月)⇒結果は19592円(12月)

安値予想は17500円(10月)⇒結果は14865円(2月)

、、、何も言えない大外れとなりました(^^;(みんな同じだとは思いますが:笑)
特に安値がここまで下がるとは予想圏外でしたね、。

年初の大発会から史上初の6日続落に始まり、約1か月で2割強の暴落。
その後も6月に英国EU離脱決定を受け再び大きく下げ、そして
トランプ大統領の誕生で大乱高下後上昇相場になり、、年初とほぼ同じ水準に回復。
以上のように、今年の相場はまさに下方に「行って来い」の展開になりましたが、
日経平均株価としてはギリギリでバブル崩壊後最長となる5年連続の上昇となりました。
大納会日経平均終値19114円37銭(昨年末比80円66銭高)

今年の相場を、「為替・金利と世界情勢に翻弄される不安定相場」

と表現してましたが、その通りになりました。

日本は政治も経済も比較的安定してたのに、

英国のEU離脱決定や米国次期大統領にトランプ氏が選出されるなど、

大方の事前予想を裏切る海外情勢の大変化、

そしてそれに伴う「円」の乱高下に市場が振り回されっぱなしの一年でした。



値を上げそうな企業、、、予想は、、

・増配や自社株買いなどの株主還元策を積極的に行う企業
・経験豊富な外資を受け入れ、新たな成長の機会を掴もうとする、対日M&A企業
・AI、自動運転、ロボット、ドローンなどのいわゆるIoT関連企業
・継続する原油安の恩恵を受ける企業群

有望業種は、「化学」「小売り」「IoT関連」
そして大穴は、現在売買単位が1000株のままの企業
としていました。

結果としては、、、

・株主還元策を行った企業は今年も多かったですね。
 そういった企業は株価も堅調だったと思います。
(無配ながら、株主還元策として自己株式を消却したUTグループ(2146)は株価2倍に。)
(2月に自社株買いを発表したソフトバンク(9984)は4千円台から高値8千円台まで上昇。)

・対日M&A、、、年末の日立工機(6581)が象徴的でした(約2倍に)。

・IoT関連企業、、は幅が広くてなんともわかりません(笑)が、AI関連のメタップス(6172)などは
ずいぶんと乱高下しました。

・原油安恩恵銘柄、、、原油価格は年初から年末にかけて上昇したので、そもそもハズレ!です(笑)

・大穴としてた売買単位変更(1000→100株)は総じて堅調だったかと、、
(スクリーンHD(7735)1.6倍、三菱電機(6503)1.3倍)
数が多かったので後からゆっくり調べなきゃですね、。


今年は「まさか」だらけの一年でしたね。

市場関係者の皆さん、さぞお疲れのことでしょう、、一年間ご苦労様でした。

以上、検証のお時間でした!

  

Posted by 廣田 稔 at 20:14Comments(0)話題の広場

2016年12月27日

ルーツを訪ねて、、

このブログ、、、約一年ぶりの更新、、お待たせしました!(待ってないですね:笑)

今年が終わる前に記事を一つ、。
今年11月の話です、、。

私の祖父で弊社グループの創業者、廣田善吉の生誕の地は、
徳島県の現在の阿南市の椿泊(つばきどまり)です。

1903年に、漁業盛んな椿泊で生まれ育った祖父は、
1928年徳島出漁団と共にやってきた長崎県五島列島の玉之浦にて、
底曳船「新生丸」一組(2隻)をもって事業を始めました。
それが弊社の創業の原点です。

その後、1935年に拠点を福岡に移し本格的に漁業事業を展開。
そして、1963年に廣田商事株式会社を設立し不動産業に進出、現在に至っています。

このたび、日本ニュービジネス協議会の全国フォーラムが徳島で開催(11/25)され参加したのですが、
この機会を利用して、弊社のルーツ・椿泊の地を初めて訪れました。



徳島、、、ちょうど天気も良く、レンタカー借りて回ったのですが、
祖業であった漁業の港町が、まだ当時の佇まいを残してて、、。
この地から遠く九州まで小さな船で命を顧みず出漁に行ったのかと思うと、、
ある意味当時のベンチャー企業だったのかもなあ、、と当時に思いをはせました、。

    

  
椿泊の港町の路地が狭く、、小型車でもぎりぎり通れる道しかなく、、
運転死にそうになりましたが(笑)、弊社のルーツを訪ねての貴重な旅となりました、。


そして本日(12/27)は、弊社毎年恒例の餅つき!

 
多くの皆さんに手伝っていただいての楽しい会となりました。
ノロに気をつけながら、。

弊社グループは、明日(12/28)仕事納めです。