ibb fukuoka project = 輝きつづけるまち・福岡創造プロジェクト。  このプロジェクトでの出来事を中心に、仕事・オフタイム・時事・ボランティアでかかわっている 「アジア太平洋こども会議・イン福岡」(APCC)のことなど織り交ぜ、気楽にアップします。

2009年12月20日

革命をプロデュースした日本人




日本人の中に、こんな「気概」と「行動力」を持った人がいたのか、と感服させられる人がいます。


その名は、「梅屋庄吉」


中国の偉大な革命家「孫文」の、


人々が平等で自由に暮らせる平和な社会をつくるという理想に共鳴し、


孫文とある盟約をかわし、


革命という舞台の主役を務めた孫文を、


勃興期の映画ビジネスで得た巨万の富を惜しげもなく使って、後ろで支え続けた人です。


その額、今の貨幣価値に換算すると、約2兆円ともいわれてるそうです。


そして梅屋氏は、そんな自分の行動に対してなんの見返りも求めようとはしなかっただけでなく、


「一切口外シテハナラズ」と、封印したそうだ、、。



その梅屋庄吉氏の生涯を綴った本が出版されました。





「革命をプロデュースした日本人」


じっくりゆっくり読みました。


著者は小坂文乃さん


梅屋庄吉氏の曾孫にあたる方です。


現在、東京日比谷公園内の老舗レストラン「日比谷松本楼」の経営に携わっていらっしゃいます。




梅屋庄吉氏、、、


生まれが、私が証券マン時代に勤務してた長崎市・西浜町だったり、


福岡にゆかりが深い柳原白蓮と繋がっていたり、


そして、


孫文の妻、宋慶齢さんを記念してつくられた「宋慶齢基金会」と今私が関わってる「apcc」が、


以前から関係があったりと、、


「ご縁」や「歴史の繋がり」を感じています。





本人が好きだった言葉、、、「富貴在心」


「富や貴さは財産や名声ではなく、その人の心の中にあるもの。
人は持ち物によって価値が定まるのではなく、人の価値は魂にある」。


心にしみる言葉です。





梅屋庄吉

現代の日本人にもっともっと知ってほしい、歴史上の偉大な人物です。



「革命をプロデュースした日本人」

この本、多くの人に読んでもらいたい一冊です。












同じカテゴリー(my favorite)の記事画像
強い会社の教科書
朝の一本
「WITH ONE WISH」
「顧客を獲得できるセミナーづくり 7つの法則」
「THE BEST OF TARO HAKASE」
ひまわり ー葉加瀬太郎ー
同じカテゴリー(my favorite)の記事
 強い会社の教科書 (2013-05-05 09:09)
 朝の一本 (2013-04-08 08:50)
 「WITH ONE WISH」 (2012-11-12 20:44)
 「顧客を獲得できるセミナーづくり 7つの法則」 (2012-02-10 11:30)
 「THE BEST OF TARO HAKASE」 (2011-08-13 14:05)
 ひまわり ー葉加瀬太郎ー (2010-12-26 06:06)

この記事へのコメント
ご無沙汰しております。

本、読んでくださり有難うございました。
そして
Blogでもご紹介頂き、感謝です!

来年から2011年にかけて、福岡はじめ
九州のみなさんと一旗上げるかもしれません。
その時はご連絡しますので
是非ご協力お願い申し上げます。
Posted by happy-san at 2009年12月20日 17:08
happy-san、コメントありがとうございます。
うれしいです。
「一旗上げるかも、、」いいですね!
いつでもご連絡くださいね。
Posted by 廣田 稔廣田 稔 at 2009年12月20日 18:01
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。