ibb fukuoka project = 輝きつづけるまち・福岡創造プロジェクト。  このプロジェクトでの出来事を中心に、仕事・オフタイム・時事・ボランティアでかかわっている 「アジア太平洋こども会議・イン福岡」(APCC)のことなど織り交ぜ、気楽にアップします。

2007年09月16日

オーストラリア旅行記3 ~エアーズロック登山~




今年の夏(8月24日~28日の5日間)、二男の息子と二人で旅したオーストラリア

その旅行記を、写真を中心にアップしています。



*****************************************************

その3、エアーズロック登山編






8月26日早朝、エアーズロックのサンライズを目に焼き付けた後、エアーズロック登山に向いました。


この登山ですが、強風等で登山禁止になることがよくあるそうで、催行率は5割くらいだそうで、、、。

「その日一発で、登れるのは、ラッキーですよ!」と、現地のガイドさんが言ってました。

そういう意味では幸運だったのですが・・・・。




 

エアーズロック登山、、「きつめのハイキング」くらいの軽い気持ちで申し込んだのですが、、

実は大違いで・・・・。  上の写真の、白く線のようになってところが登山コースで・・・。




 

中腹までは、最大傾斜45度の岩肌を登っていくもので、手助けになるものは鎖のチェーンが一本あるだけ。

周りに柵も何もなく、一歩踏み外すと真っ逆さまに落ちて、いっかんの終り、、、。

事前の心づもりができてないのも手伝って、登っていくにしたがって、足がすくみました^^!。



   

中腹から先は、命の危険は感じませんが、アップダウンが続く道のりです。 

それと同時に、視界が360度にひらけてきました。



 

登り始めて約1時間半。 頂上の広場に到着。 

頂上にある標識をみて、登った喜びを噛みしめました。



 

「言葉を失う」と言うのはこういう事か・・・、と感じるくらいの絶景! 

360度のスクリーンが、自分の周りを取り囲んでるような感覚を覚えました。




 

息子は喜びのブリッジ!(笑)。

この地から日本へ携帯電話をかけてみると、、、繋がるんですねぇ・・・、スゴイです!





下りもご覧のとおり。 日本であれば、間違いなく命綱をつけないと登らせないでしょう。

海外に行くと、「自己責任」を実感させられますが、ここでも正にそうでした。 いい勉強になりました。





無事下山した後は、登山証明書をもらって、ニッコリ!

一生の思い出に残る体験でした。  またいつの日か、登ってみたいです。   続く・・・

同じカテゴリー(旅行記)の記事画像
オーストラリア ブリスベン・メルボルン旅行
ダイナミック上海! ーChinese Wave vol.3 
世界遺産・屋久島&鹿児島サマーツアー08 vol.4
世界遺産・屋久島&鹿児島サマーツアー08 vol.3
世界遺産・屋久島&鹿児島サマーツアー08 vol.2
世界遺産・屋久島&鹿児島サマーツアー08 vol.1
同じカテゴリー(旅行記)の記事
 オーストラリア ブリスベン・メルボルン旅行 (2017-08-31 18:46)
 ダイナミック上海! ーChinese Wave vol.3  (2010-09-05 14:30)
 世界遺産・屋久島&鹿児島サマーツアー08 vol.4 (2008-09-16 01:45)
 世界遺産・屋久島&鹿児島サマーツアー08 vol.3 (2008-09-15 20:35)
 世界遺産・屋久島&鹿児島サマーツアー08 vol.2 (2008-09-15 11:11)
 世界遺産・屋久島&鹿児島サマーツアー08 vol.1 (2008-09-15 07:37)

Posted by 廣田 稔 at 01:01│Comments(2)旅行記
この記事へのコメント
どれも素敵な風景ですね!
写真をみているだけでも晴れ晴れとした気分になれました。

頂上での息子さんのブリッジ。
カワイイですね!
いつも喜ぶとブリッジしてしまうのかな??(笑)
Posted by a.k at 2007年09月20日 13:38
a.kさん、コメントありがとうございます。

ブリッジ、、、ふだんは見たことないですねぇ。 息子に聞いときます(笑)。
Posted by 廣田 at 2007年09月20日 13:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。